自分でできるニキビ跡治療

思春期になるとあらわれてくる事が多い、ニキビには三段階に分かれて発症します。

皮脂が毛穴につまって先端が黄白色に浮き上がってくる白ニキビは触るとザラザラしていて、ニキビの初期段階になります。

NAVERまとめの最新情報を紹介しています。

更に酸化してニキビの先端が黒くなってくると黒ニキビと呼ばれるようになり、共に皮脂のつまりを取り除いて炎症を抑える治療法がとても大切になります。
更に菌がついて炎症をおこすと赤ニキビと呼ばれますが、この炎症が悪化すれば周囲の肌組織も傷つけてしまうためおうとつや、赤みのある跡が残ります。


基本的にはニキビ跡ができるのを予防するためには、比較的早い段階で炎症を抑える治療を行うことが大切です。

ニキビ跡治療は様々ありますが、基本的にはニキビ跡がある肌は極力刺激を与えないというのは鉄則で、洗顔をおこなった後も肌を強く刺激して顔をふいたりしないことが大切です。

また、ニキビ跡治療では洗顔の際にもピーリング石鹸を使用するほうが、アクネ菌やブドウ球菌をスッキリと落としてくれるのでとても効果があります。


更に自分で出来るニキビ跡治療のなかでも大切なのは、油分を含まない保湿剤を使用して出来るだけ肌の保湿をしっかりと行うことが大切です。

美容皮膚科の様々な情報を掲載しています。

基本的には極力ニキビを作らないにこしたことはなく、そのためには規則正しい食生活や、肌の丁寧なお手入れがとても大切になってきます。



またニキビはホルモンバランス 乱れなどによって出来る場合があるので、場合によってはホルモン療法を受けることが必要な場合もあります。